短肌着の特徴

短肌着は、すその短さが特徴となっています。それこそ、おむつ部分が大きく出るほどに短いので、おむつ交換などもしやすいです。また、長肌着などの下に着るインナーとして使用するものでもあるため、赤ちゃんの着衣における基本的なアイテムともいえるでしょう。春夏秋冬は限らず、どの季節でも活かせます。

短肌着また短肌着は、ほかの新生児肌着以上に吸汗性にこだわられているという特徴も持ち合わせています。肌にじかに着るものだけに、発汗の管理ができるよう材質が工夫されているのです。赤ちゃんは、小さな体でありながらとてもたくさんの汗をかきます。それこそ、汗腺の数については大人と変わらないとさえいわれているほどなので、赤ちゃんだからといって軽視できません。吸汗性に適した上質な短肌着を選んで、不快な思いをしないよう心がけてあげるべきです。

そしてもう一点、フィット感重視で作られているという点も特徴に挙げられるでしょう。着心地が悪いと、不機嫌や夜泣きの原因となってしまいます。そのため、肌にじかに着せることの多い短肌着は、赤ちゃんの体に合うよう作られているのです。とはいえ、赤ちゃんと一言でいっても特徴は千差万別でしょう。できるだけ自分の子どもに合った短肌着を選んであげるべきです。


コメントは受け付けていません。