新生児肌着の重要性

新生児肌着は、小さくそれでいてとてもシンプルな着衣です。ですが、だからといって簡単に作られているわけでもありません。それどころか、着る赤ちゃんのことを考えて、各部とてもこだわって仕上げられています。吸汗性、フィット感ももちろんそうですが、それだけにとどまりません。

新生児肌着たとえば、縫い代についてです。大人であれば気になりませんが、デリケートな赤ちゃんはただそれだけでも刺激を感じてしまいます。そのため、いずれの縫い代も表側に作っているのが一般的です。

続いて、衿ぐりについてです。大人でもそうですが、首周りは体の中でも特に敏感な部分です。そのため新生児肌着も、刺激が少なく肌触りの良い仕上がりとなっています。主には、パイピング加工をもちいたソフトな肌触りが一般的です。刺激はもちろん、赤ちゃんの快適さも後押しされることでしょう。

また、打ち合わせを深くしている点も特徴的です。新生児肌着は、寝た状態や動き回っているときなどでも着替えさせやすいように、前留めタイプとなっています。さらにその打ち合わせを深くすることにより、しっかり前で重なり、そしてはだけにくいよう工夫されています。このように新生児肌着は、あらゆる部位にこだわりの詰め込まれた肌着となっているのです。覚えておいてください。


コメントは受け付けていません。